ツリーを魅力的で可愛くする為の方法

クリスマスオーナメントの選び方

クリスマスツリーは、クリスマスをお祝いする上では欠かせない存在と言えます。
しかし一般的な家庭で飾るクリスマスツリーでもなかなかの大きさになりますから、多くの飾りが必要になりますよね。
そういったクリスマスオーナメントの選ぶ際はどうすればいいのでしょうか?
まず、クリスマスオーナメントを選ぶ際は、クリスマスツリーの種類や大きさによって変わってきます。ツリーにはスタンダードタイプ、横に広がるボリュームタイプ、狭い場所でも飾れるスリムタイプの3種類が存在します。
これらの高さによって、オーナメントの数や種類を選ぶようにしましょう。では装飾オーナメントはどんな物を選べばいいのかというと、「トップスター」「オーナメントボール」「ベル」「キャンディーケイン」などが代表的なものでしょう。
トップスターは1つで十分ですが、他のオーナメントは実際にどのくらい必要なのでしょうか?
実はオーナメントの最適な個数を計算する方法があり、「√17(約4)÷20×ツリーの高さ=オーナメント数」となっています。
例えば120cm程の小型のツリーだとすると、装飾オーナメント数は24~25個が最適な数という計算になります。この計算方法を用いれば、寂しすぎず且つゴテゴテし過ぎないクリスマスツリーが完成するでしょう!

クリスマスオーナメントの種類や意味

クリスマスオーナメントとはクリスマスの飾り、装飾などを指す言葉です。クリスマスツリーに飾るものだけではなくクリスマスツリー自体もクリスマスオーナメントですし、クリスマスリースやクリスマスの為の置物、インテリア、赤と緑のクリスマスカラーの鉢植えなどもすべて含んでクリスマスオーナメントと言います。
またクリスマスツリーにモミの木が使用される理由は冬でも葉が茂っている常緑の針葉樹であることとモミの木は「永遠の命の象徴」と言われているからです。さらに中世の聖夜の降誕祭に演じられたアダムとイヴの舞台で知恵の樹と呼ばれるリンゴは葉が冬には落ちてしまうことからモミの木が代用されたことがクリスマスツリーの由来ともいわれています。
さらにツリーのオーナメントにもそれぞれに意味があり、天辺の星はキリスト降誕を知らせるベツレヘムの星を表していて、イギリスではクリスマスエンジェルと呼ばれる天使の人形をツリーに飾ります。リンゴが知恵のみを表現しオーナメントボールは赤はキリストの血、白は純潔、金銀はキリストの気高さと高貴さを表現しています。そして杖型のキャンディーは羊飼いの象徴を意味します。最も現代社会においてはオーナメントの種類も増えてあまり意味を持たないモノも存在します。